バランスの取れたコーディネートをしよう

デザインなどが好みで購入した洋服、いざ着てみるとなんだか太って見えるという経験を持つ方も、多いのではないでしょうか。それぞれ気に入っているけれど、合わせてみると太って見えるという場合は全身のバランスを考えてコーディネートするのがおすすめです。例えばトップスもボトムスもビッグシルエットのものを組み合わせた場合、どうしても体全体にボリューム感が出てしまいます。 トップスをビッグシルエットのものにした場合、ボトムスはスキニーパンツやタイト目のスカートなどを合わせると、全身のバランスが取りやすいでしょう。ボトムスにボリュームのあるものをチョイスした場合、ジャストフィットするトップスや丈感の短いトップスを合わせることでバランスを取ると着やせして見えやすいでしょう。

どこかにポイントを作るのもおすすめ

着やせして見えるコーディネートをしたい場合は、全身のどこかにポイントを作るのもおすすめです。ポイントを作ることでそこに視線が集まり、お腹やお尻・脚といった隠したい部分をカバーすることができます。例えば脚を長く見せたいという場合、少しハイウエスト気味にベルトを巻くのがおすすめです。ベルトを巻くことでウエストに視線が集まり、さらにハイウエスト気味にすることによって脚がより長く見える効果が期待できます。全体的に着やせして見せたい場合は、デコルテ・手首・足首を見せるようにすると、着やせして見えます。デコルテ・手首・足首は体の中でも細い部位なので、そこを見せるようにすると全身が着やせして見えやすいのです。