色を味方につけてスタイルアップ!

着痩せ効果といえば黒!と思っている人も多いのではないでしょうか。実は、「黒=着痩せ」ではないのです。着痩せ効果があるのは「収縮色」といって、青や緑などの寒色系の色です。寒色系の色は実際よりも遠くにいるように見せる効果があり、小顔効果にも一役買ってくれます。また、収縮色には黒も含まれているため、黒にも着痩せ効果はありますが、黒だけではありません。主にネイビーやダークグリーンなど、ダークトーンの色合いが収縮色とされています。

収縮色を上手く使いこなすことで、体型カバーだけでなく、スタイルアップも可能になります。コーディネートの上で視覚効果は非常に重要です。色は見た目の印象を大きく左右するので、自分をより良く見せる色を学びましょう。

ダークトーンの使い方は?

全身をダークトーンで固めることがスタイルアップにつながるわけではありません。引き締まって見えるダークトーンですが、全身を黒一色でまとめてしまっては重たい印象になってしまいます。取り入れやすいコーディネートとして、トップス・ボトムスのどちらかにダークトーンの投入をしてみると良いでしょう。たとえばトップスをグレーのカットソーにしたなら、ネイビーのロングスカートを合わせてみてください。ダークトーンの面積が広い分、脚長効果も期待できます。さらにプリーツスカートなど、縦長のラインを強調できるデザインならさらに脚長に見え、スタイルアップにつながります。

黒のタンクトップに白いシャツを羽織り、カーキ色のパンツなどと合わせてみるのもおすすめです。上下ダークトーンですが、白いシャツが軽やかさを演出してくれるので重たい印象になることはないといえます。